建築のことなら、何でもお気軽にお問い合わせ下さい

TEL075-550-7037
受付時間:平日 9:00~18:00

開業支援│京都の医院開業なら株式会社建匠へお任せください

医院建築

開業支援プログラム

医院開業ならおまかせください。

医院を開業させるまでにはさまざまな問題を速やかにクリアしていかなければなりません。

建匠では建築するだけでなく、場所選びから経営サポートまで、開業に必要な業務、手続きをトータルでサポートさせていただいております。

当社と提携する多分野のエキスパートとの連携により、より効率よく開業の準備を整えることが可能です。

  • 01.開業地域/場所の設定

    当社の不動産流通ネットワークで、開業に最適な土地・テナント情報をご提供させていただきます。

  • 02.マーケティングリサーチ

    診療圏の人口動態や競合先クリニックの状況は、開業地選定にあたって最も重要なポイントとなります。 データと当社スタッフが実際に足を運び、調査報告書と診療圏内患者需要予測表を作成させていただきます。

  • 03.事業計画の提示

    事業計画書は、実際に開業した場合の事業収支の目安となり、資金計画等に無理がないかどうかをチェックする大切な資料となります。

  • 04.開業資金の調達

    当社提携先の金融機関のご紹介と、申し込みに必要な書類の作成、手続きの代行をさせていただきます。 借入金の返済は、クリニックを経営するうえで、収支を左右する重要なポイントとなりますので、事業計画と照らし合わせ、必要最小限の借入金を設定する必要があります。

  • 05.土地購入・建物賃貸斡旋

    マーケティングリサーチのデータを基に、開業に適した土地やテナ ントの情報を提供させていただきます。土地の購入代金やテナント の賃料などの交渉も当社がさせていただきます。

  • 06.建築プランの提示

    実際に土地やテナントが決まりましたら、最新医療に適した配置図・平面図・立面図などをご提案させていただきます。プランにご納得いただけますと、建築にともなう申請、構造検討をさせていただきます。

  • 07.医療機器/設備機器の手配

    当社提携先の医療器械店、医薬品会社などをご紹介させていただきます。

  • 08.スタッフ募集

    ハローワークや求人情報誌等への募集手続きの代行をさせていただき、面接のお手伝いもさせていただきます。

    また、採用後の研修等のサポートもさせていただきます。

  • 09.広告計画の立案

    立地に適した広告宣伝のご提案や、野立看板等の設置交渉も代行させていただきます。

    また、開院前の内覧会の手配もさせていただきます。

  • 10.諸官庁への開院手続き

    開設届や保険医療機関指定申請などの書類作成をお手伝いさせていただきます。

  • 11.完成/開院

    建物、設備に関する不備がないかチェックをさせていただいた後、建物や設備機器(電気、空調、給排水)に関する取り扱い説明をさせていただきます。

  • 12.万全なアフターケア

    定期的なアフターサービスにてサポートさせていただきます。

開業のための基礎知識

開業の方法

  1. 土地・建物を新規購入
  2. 土地は所有し、建物を新規に建築
  3. 開業地を探し、土地所有者に医師の希望する建物を建築依頼 それを賃貸契約し、内装や設備を整える
  4. 既存の建物を賃貸契約し、内装や設備を整える
  5. 親族等の医院を継承
  6. 第三者の医院を賃貸契約により継承

診療形態の違い

【一戸建て】

■メリット ・ 土地建物を担保にすれば開業資金を借入しやすい ・レイアウトや医療機器が比較的自由に決められる

■デメリット ・開業資金が多額になる ・土地の手当てが難しい

■その他 ・準備期間は1~2年 ・地域住民を患者とする場合が多い ・駐車場を確保する

【テナント】

■メリット ・開業資金が少額ですむ ・生活圏との区分がつけやすい

■デメリット ・担保価値は無いので資金の借入が困難 ・家賃の変動も注意が必要

■その他 ・準備期間は約1年 ・ビルの集客力によっては患者は広範囲となる

標準的な診療スペースや開業エリア

同じ診療科目でもターゲット層や設備の違いにより状況は異なります。
目安としてお考えください。

●内科 [40~50坪]

高齢者が多い地域がおすすめ。レントゲン室を設けるには40坪程度は必須

●整形外科  [50~80坪]

高齢者が多い地域がおすすめ。最近はリハビリ室を広くとるクリニックが多い。

●小児科 [40~50坪]

新興住宅地など。隔離待合が必要なことや付添いが居ることを考えると、十分な待合スペースの確保が必要です。

●耳鼻咽喉科 [30~40坪]

開設地により患者層はいろいろ。待合室は広い方が良いでしょう。

●皮フ科 [30~40坪]

高齢者や子供が多い地域がおすすめ。さほど大きなスペースはいりません。
美容クリニックとして特化するのであれば交通至便も要考慮。

●眼科 [30~50坪]

高齢者が多い地域がおすすめ。

●歯科 [30~40坪]

患者層は幅広い。

●精神科 [20坪程度]

交通至便を重視。

・別途ガレージを設ける場合は1台につき6坪程度を目安とします。