建築のことなら、何でもお気軽にお問い合わせ下さい

TEL075-550-7037
受付時間:平日 9:00~18:00

スタッフブログ│京都の医院開業なら株式会社建匠へお任せください

メンテナンス 記事一覧

1~5件目 (14件中)

  • 定期点検・メンテナンス

    投稿日 :
    2020-03-10 11:24:55
    カテゴリ :
    メンテナンス
    WRITER :
    スタッフ

    私、昨年の10月くらいから、医院様への訪問を本格的にさせていただいております。 建匠に発注していただいた医院様全てにご挨拶を、と始めましたが未だ80人余りの先生しかお話出来ておりません。 午前診の終わり頃突然お訪ねすることもありますが、その時は「何しに来た?」と思わないで、弊社に対して忌憚のないご意見をお聞かせくださるようお願い致します。   お客様係マネージャー 伊藤 正雄

    記事を開く

    私、昨年の10月くらいから、医院様への訪問を本格的にさせていただいております。

    建匠に発注していただいた医院様全てにご挨拶を、と始めましたが未だ80人余りの先生しかお話出来ておりません。

    午前診の終わり頃突然お訪ねすることもありますが、その時は「何しに来た?」と思わないで、弊社に対して忌憚のないご意見をお聞かせくださるようお願い致します。

     

    お客様係マネージャー 伊藤 正雄

    記事を閉じる

  • 定期点検

    投稿日 :
    2019-05-15 14:23:05
    カテゴリ :
    メンテナンス
    WRITER :
    スタッフ

    弊社が行っております定期点検の際、私はドライバーを持って点検をさせて頂いております。それは点検をしながら扉の調整をしてまわる為です。特に風除室や診察室、処置室等の使用頻度の高いところの扉は1年、2年経つと片側が下がってきて動きが悪くなったり、引手のビスが緩んでぐらぐらになったりしています。我々はただ単に点検するだけでなく、その場で修繕できることがあれば対応させて頂いております。もし点検時に気になる

    記事を開く

    弊社が行っております定期点検の際、私はドライバーを持って点検をさせて頂いております。それは点検をしながら扉の調整をしてまわる為です。特に風除室や診察室、処置室等の使用頻度の高いところの扉は1年、2年経つと片側が下がってきて動きが悪くなったり、引手のビスが緩んでぐらぐらになったりしています。我々はただ単に点検するだけでなく、その場で修繕できることがあれば対応させて頂いております。もし点検時に気になる箇所がございましたらご相談下さい。

    工務 小西

    記事を閉じる

  • 省エネ仕様

    投稿日 :
    2018-09-28 16:18:04
    カテゴリ :
    メンテナンス
    WRITER :
    スタッフ

    こんにちは。工務の濱渦です。   今回は新築工事の物件を紹介させて頂きます。 8月末に山科の方で診療所の新築工事に入っております。 こちらの物件は省エネ仕様となっており、屋根・壁には遮熱シートと呼ばれるシートを使用しています。このシートは、夏の暑い日差しをシャットアウトする効果があります。それによって冷房効果をアップさせたりします。     ここ最近

    記事を開く

    こんにちは。工務の濱渦です。

     

    今回は新築工事の物件を紹介させて頂きます。

    8月末に山科の方で診療所の新築工事に入っております。

    こちらの物件は省エネ仕様となっており、屋根・壁には遮熱シートと呼ばれるシートを使用しています。このシートは、夏の暑い日差しをシャットアウトする効果があります。それによって冷房効果をアップさせたりします。

     

     

    ここ最近の猛暑の影響もあり、省エネに関心を持たれる方が増えてきております。

    皆様もご興味ありましたら、是非営業スタッフまでお問い合わせ下さい。

    記事を閉じる

  • 定期メンテナンス

    投稿日 :
    2018-07-10 09:31:47
    カテゴリ :
    メンテナンス
    WRITER :
    スタッフ

    建物の定期点検の重要性について   建物は完成して終わりではありません。 車の車検と同じように長期に渡り、そのものを使用するとなると定期的なメンテナンスは欠かせません。弊社では建物を長く安心してご使用して頂く為に、国交省維持管理ガイドラインを参考に設定した定期点検をおこなっております。 ここで簡単に弊社の定期点検のながれを紹介いたします。 新築の場合、開院後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ

    記事を開く

    建物の定期点検の重要性について

     

    建物は完成して終わりではありません。

    車の車検と同じように長期に渡り、そのものを使用するとなると定期的なメンテナンスは欠かせません。弊社では建物を長く安心してご使用して頂く為に、国交省維持管理ガイドラインを参考に設定した定期点検をおこなっております。

    ここで簡単に弊社の定期点検のながれを紹介いたします。

    新築の場合、開院後1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・3年・5年・7年10年と計9回を基本としております。点検時期に近づくと弊社より点検のご案内をFAX等にて連絡させて頂きます。建物の規模にもよりますが、点検にかかる所要時間は約30分~1時間程度となります。

    次に点検箇所は、クロス・床・建具・エアコン・換気扇・サッシ・水廻り・電気・サッシ・外部などがあり、手直しできる箇所はその場で補修させて頂いております。

    点検後は報告書の提出を含め、より良くお使い頂けるようなご提案もさせて頂きます。点検やメンテナンスと聞くと面倒だと思われる方が多いかもしれませんが、より長くご使用いただくためには建物にも人間同様に健康診断が欠かせません。

    今後も定期点検にご理解ご協力をよろしくお願い致します。

     

    工務:小西

    記事を閉じる

  • カギ穴編

    投稿日 :
    2018-06-04 10:52:25
    カテゴリ :
    メンテナンス
    WRITER :
    スタッフ

    こんにちは、工務担当の濱渦です。 日頃生活している中でこんなことを感じたことはありませんか? 『あれ?少し鍵が固いな。』『回しにくいな・・・。』など。 それは鍵穴にごみ等が詰り、動きにくくなっています。 こうなった時によくあるのが、『油を差しとけば大丈夫!』と油を差される方がおられます。これは間違いです。 油を差してしまうと余計にゴミがたまり動かなくなります。 このような場合は、専用の

    記事を開く

    こんにちは、工務担当の濱渦です。

    日頃生活している中でこんなことを感じたことはありませんか?

    『あれ?少し鍵が固いな。』『回しにくいな・・・。』など。

    それは鍵穴にごみ等が詰り、動きにくくなっています。

    こうなった時によくあるのが、『油を差しとけば大丈夫!』と油を差される方がおられます。これは間違いです。

    油を差してしまうと余計にゴミがたまり動かなくなります。

    このような場合は、専用の鍵穴潤滑剤を差すか、身近な物で解決できる方法があります。

     

    それは、鉛筆の黒芯です!

     

    黒芯を鍵全体に塗り、何度か抜き差しをすると滑りがよくなります。これは引き渡し時にもらう鍵の袋にも記載されております。

     

    鍵穴の調子が悪くなった際には黒芯を試してみてはいかがでしょうか。

    記事を閉じる

1~5件目 (14件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ